きしもと整形外科・リハビリテーション科クリニック きしもと整形外科・リハビリテーション科クリニック

〒651-1302 神戸市北区藤原台中町1丁目2-2 エコール・リラ本館2階

078-987-1500

診療のご案内

診療科目・診療時間

整形外科・リハビリテーション科

診療時間
午前診9:00〜12:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療
午後診16:00〜19:00 診療 診療 診療 休診 診療 休診
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

初めて受診される方へ

初めて受診される時には
下記のものをご持参ください。

  • 健康保険証
    毎月確認させていただきます。ご面倒ですがその都度ご持参ください。
  • 検査結果・紹介状
    他の医療機関で検査を受けられた場合は、その検査結果をできるだけお持ちください。また、紹介状をお持ちの場合は必ずご持参ください。
  • お薬手帳
    他の医療機関でお薬を処方されている場合は、できればお薬手帳か薬自体をご持参ください。
  • 問診票ダウンロード
    問診票はご来院前にご記入いただくこともできます。当日ご持参ください。 問診票ダウンロード

主な診療内容

  • 一般整形外科
    肩・手・膝・足などの関節痛、骨折、捻挫、切り傷、くびの痛み、腰痛、手足のしびれ、椎間板ヘルニア
  • リハビリテーション科
    理学療法士による施術、訓練。各種リハビリ機器による治療
  • 骨粗しょう症
    骨密度測定装置、採血、レントゲン撮影、問診による診断。運動、食事、投薬などの治療
  • 女性に多い手の症状
    ばね指、手根管症候群、手指のむくみ、こわばりなど
  • スポーツ障害
    部活や趣味、競技スポーツによるけが、故障に対する治療、予防
  • 四肢・体幹の“できもの”
    手足あるいは腰や背中の筋肉や骨にも“できもの(骨軟部腫瘍や腫瘍類似疾患)”ができる時があります。
  • その他
    労災・交通外傷などもご相談ください。

一般整形外科

整形外科で扱う疾患は多岐にわたります。
一般に四肢および体幹の外科と言われていますが、背骨、手、足など全身の運動器官の病気や外傷(ケガ)を専門としています。

腰痛や肩こりなど日常誰でも経験する病気から骨折、捻挫、打撲、切り傷などよく見られる外傷(ケガ)、関節リウマチや加齢に伴う変形性関節症などの慢性疾患、それと最近問題となっている骨粗しょう症の診断治療を行います。

単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目標としています。それぞれの疾患に対してわかりやすい説明を行い、診断治療を行います。

リハビリテーション科

痛めた部位の機能を取り戻し、元の生活に戻っていけるようにするのがリハビリテーションです。腰痛、肩こり、神経痛、靭帯損傷、骨折など、整形外科で扱う疾患に対してリハビリを行っています。

個々の関節・筋肉等の機能を改善させるだけでなく、体全体としての機能を回復させることを目標とします。

温熱治療、頚椎・腰椎牽引治療、干渉低周波治療、ハドマー(エアトン)治療、レーザー治療等機器を利用して治療を行います。

リハビリ機器の詳しい紹介はこちら

骨粗しょう症

当クリニックでは、最も重篤な骨折につながる腰椎と大腿骨の骨密度が両方とも測定可能な最新の骨密度測定装置(デキサ法)を導入し、採血(骨代謝マーカー)、レントゲン撮影、問診などで骨粗しょう症の正確な診断を行い、治療(運動、食事、投薬など)にあたります。
健診などで気になることがあればお気軽にご相談ください。

医療機関の皆様へ

当クリニックにて骨密度計測を行っております。簡単な紹介状で結構ですので、お持ちいただければ、随時検査をさせていただきます。

女性に多い手の症状

ばね指、腱鞘炎、手根管症候群などにより、指の引っかかり感、関節痛、指のしびれなどが見られます。また、手指のこわばりやむくみなども女性に多く見らます。一人一人症状の出方が異なりますので、ぜひご相談ください。

スポーツ障害

学校の部活や趣味、競技スポーツによるけが、故障を抱えている方。
希望などをよくお聞きし、各運動レベルに応じた適切な治療を提供いたします。

四肢・体幹の“できもの”

この“できもの”は骨軟部腫瘍と呼ばれるものであったり、腫瘍ではない腫瘍類似疾患であることがあります。

手足あるいは腰や背中の筋肉や骨の“できもの”は整形外科の分野となることが多く、子供から大人までがその対象となります。気になるコブがある場合は気軽にご相談ください。

電話する 診療時間 アクセス トップへ